尼崎機械金属健康保険組合
健康保険組合のご案内 健康保険ガイド 介護保険ガイド 保健事業 こんなとき けんぽQ&A 届け出・申請書一覧
こんなとき
立て替え払いをしたとき

療養費として払い戻し

 旅先で急病になったり、交通事故で近くの病院にかつぎこまれたりした場合などで保険証をもっていないときは、とりあえず医療費の全額を自分で払わなければなりません。
 次のような場合は、本人が診療にかかった費用を一時立て替えて支払っておいて、あとで健康保険組合に請求し、払い戻しを受けることになります。このような給付を療養費といいます。

・療養費
・輸血の生血代
・コルセット、ギプス、義眼代
・はり、きゅう、マッサージ代(医師の同意を得たとき)
・四肢のリンパ浮腫治療のために弾性着衣等を購入したとき
・9歳未満の小児弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズを作成したとき

 療養費の場合、かかった費用の全額が給付されるとは限りません。というのは、健康保険組合が支給するのは、健康保険で認められている治療方法と料金に基づいて計算し、その7割相当額(義務教育就学前は8割相当額)が支払われるからです。入院時の食事にかかる標準負担額は自己負担となります。
 いずれにしても、療養費を請求するときは領収書が必要ですから、必ずもらっておいてください。

法定給付
  健康保険の給付 自己負担
療養費
(家族療養費)
保険診療相当額の7割
(義務教育就学前は8割)
自己負担3割
(義務教育就学前は2割)
※保険医にかかった場合の治療方法・料金を基準に算定
※健康保険に加入する70歳以上の被保険者、被扶養者の給付・自己負担についてはこちらを参照してください。
「70歳以上の高齢者が病気やけがをしたとき」
「こんなときは、こんな届け出を」
「海外で受診したとき」
「柔道整復師にかかるとき」
「その他の療養費払い」
COPYRIGHT(C)2005 尼崎機械金属健康保険組合