尼崎機械金属健康保険組合
健康保険組合のご案内 健康保険ガイド 介護保険ガイド 保健事業 こんなとき けんぽQ&A 届け出・申請書一覧
こんなとき
在宅医療が受けられるとき

 在宅において継続して療養を受ける状態にある人(難病患者等で医師が厚生労働省の基準により認めた人)が、安心して家庭で療養できるように、指定訪問看護事業者の訪問看護・介護サービスを受けたとき、訪問看護療養費としてかかった費用の7割、被扶養者も家族訪問看護療養費として7割(義務教育就学前は8割)が支給されます。

利用方法

 患者や家族がかかりつけの医師に申し込み、その医師が最寄りの訪問看護ステーションに指示します。その指示書をもらい、直接、指示された訪問看護ステーションに申し込むことにより、訪問看護が受けられます。
法定給付
  区 分 健康保険の給付 自己負担
訪問看護療養費 本 人 かかった費用の7割を給付 かかった費用の3割を自己負担
家族訪問
看護療養費
家 族 かかった費用の7割を給付(義務教育就学前は8割) かかった費用の3割を自己負担(義務教育就学前は2割)
※利用料については、高額療養費の支給対象となっています。
※健康保険に加入する70歳以上の被保険者、被扶養者の給付・自己負担についてはこちらを参照してください。
「70歳以上の高齢者が病気やけがをしたとき」
「訪問看護が受けられる難病患者等とは?」
「訪問看護事業のしくみ」
COPYRIGHT(C)2005 尼崎機械金属健康保険組合