ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

厚生労働大臣が定める現物給与の価格について

2020年03月17日

毎月の給与から控除される社会保険料は、「標準報酬月額」に保険料率を乗ずることにより決定されます。

 「標準報酬月額」は、被保険者が受ける報酬により決定されます。

報酬には基本給や諸手当等の他、現物で支給される食事や住宅、通勤定期なども含まれます。

 報酬に算入する「現物給与」の価格は厚生労働大臣が都道府県ごとに定めることとされています。

この度、令和2年4月1日より適用する上記価格が改正されましたので、別添によりお知らせします。

 

ページトップへ